セミナー & ワークショップ

ホーム

HOME > セミナー & ワークショップ

セミナー & ワークショップ

[共催] Waseda-SSSA-KIST Summer School 2008 (WSK 2008)
"Fundamentals of Biorobotics"
2008年9月 1日(月)
日時 2008年9月1日~6日
会場 Centro Studi "Santa Maria Maddalena" Volterra, Italy
参加者数
85名
  •  (招待講演者20名・学生65名)
  •  (外国籍者54名)
  • URL http://www.robocasa.net/workshop/2008/index.php?lang=en&page=home
    DSC_8762 WSK2008.jpg

    内容・報告

    内容
    早稲田大学, イタリアScuola Superiore Sant'Anna,韓国KISTを中心とした合同サマースクール.各国7大学・1企業から計20名の講演者を招聘し,レクチャーを行った.また,参加者らによるポスター発表,ワークグループディスカッションを行った.

    プログラム
    報告
    本GCOEにおける欧州・アジアの戦略的協定機関であるイタリアSSSA・韓国CIRと合同でサマースクールを開催した.
    サマースクールでは"Fundamentals of Biorobotics "をテーマとし,各国7大学・1企業から招聘した計20名による講演を行った.また,参加者らによるポスター発表,ワークグループディスカッションを行った.これらのアクティビティを通じ,参加者らは社会基盤となるべきRT(Robot Technology)について,互いに活発なディスカッションおよび技術交換を行った.

    本サマースクールは,本GCOEにおいて次のように寄与した;
    (1)拠点形成: 本GCOEが「世界の研究者・技術者が集う世界的RT研究拠点」となるべく,RT分野における国際的共同研究および人材交流(若手派遣・人材募集・招聘)の連携を,欧州・アジアの有力研究者らとはかった. 
    (2)教育: 欧州・アジアにおける一線の指導的研究者および若手研究者と交流することにより,本GCOEにおける「『突破力』のある若手研究者の育成」に寄与した.また,若手研究者らが将来に海外研究拠点・海外企業へ就職することへの波及効果が見込まれる.  
    (3) 研究: RTの基盤についてディスカッションおよび技術交換を通じて,RTの明示的体系化を試み,本GCOEが実施する「『M-Robotics』の構築」へ寄与した.


    presentations1.jpg presentations2.jpg discussions.jpg group1.jpg group2.jpg

    Page Top