セミナー & ワークショップ

ホーム

HOME > セミナー & ワークショップ

セミナー & ワークショップ

サマー・サイエンスキャンプ2010 in グローバルロボットアカデミア
2010年8月 2日(月)
主催 独立行政法人 科学技術振興機構
日時 2010年8月2日(月)~4日(水)
会場 RTフロンティア、早稲田大学西早稲田キャンパス
URL http://ppd.jsf.or.jp/camp/
報告

●1日目 8月2日(月)

100802SC.jpg

開校式、講義 藤江正克教授

 「日本のロボット研究の過去、現在、未来」

早稲田のロボット見学ツアー

1、喜久井町キャンパス

心拍補償手術支援システム(藤江研)、KOBIAN(高西研)、TWENDY(菅野研)

2、RTフロンティア

振戦抑制外骨格ロボット(藤江研)、触覚(藤本研)、PW-10(藤江研)

3次元位置計測装置VICON、及び床反力計の説明

「運動コツを解析しよう!」

実験のアイデア出し

--------------------

交流会




●2日目 8月3日(火)

2010SC1.jpg

計測対象の動作を5つ提示し、希望制でグループ分けを行なった。

・反復横とび( 4 名) ・逆立ち( 2 名)
・回転→歩行( 4 名) ・椅子からの立ち上がり支援( 6 名)

午前

各グループにTAを1名、遊撃のTAを2名配置し、最終的にどのようなグラフを作るか?ということを意識させながら、生徒らの意見を引き出して実験を組み立てていく。 予備実験として各グループが1回ずつVICONを使用するようローテーションし、結果に差が出そうな数種類の試行について見当をつける。

午後

各グループにTAを1名、遊撃のTAを2名配置し、最終的にどのようなグラフを作るか?ということを意識させながら、生徒らの意見を引き出して実験を組み立てていく。 予備実験として各グループが1回ずつVICONを使用するようローテーションし、結果に差が出そうな数種類の試行について見当をつける。


●3日目 8月 4日(水)

100804-1SC.jpg
午前中に実験結果をまとめるスライドや原稿の作成、午後に発表会を行なった。

Page Top