セミナー & ワークショップ

ホーム

HOME > セミナー & ワークショップ

受賞・プレスリリース

[主催] ロボット・セミナー&ディスカッション
講師:五内川 拡史氏 (GRA客員次席研究員、
株式会社ユニファイリサーチ 代表取締役社長)
2009年12月 7日(月)More
タイトル 「役にたつロボットとは」
日時 2009年12月7日~9日 各日18時~20時
会場 早稲田大学先端生命医科学センター(TWIns)

報告

本セミナーでは,「役にたつロボットとは」をテーマに,技術シーズ,社会ニーズの現状分析の方法や,研究開発の戦略立案の方法などについての講義がなされた.また,講義後は講師と参加者によるディスカッションが行われた.ディスカッションでは,現在マーケットにおいて成功を収めているロボットに関する分析や,ロボット・ビジネス成功の条件に関する検討が行われた.
本セミナーを通し,参加者に実用化指向型研究の企画と実施に必要な知識やノウハウが教授されたと期待される. 参加者からは,本セミナーの継続を望む声が多数聞かれた.

091224.jpg
[共催] Italy-Japan Workshops on Robotics
- Program of the WS on Medical Robotics -
2009年11月 9日(月)More
主催 イタリア大使館 "日本におけるイタリア2009・秋"
  http://www.italia-in.jp/event/science.html
共催 Scuola Superiore Sant'Anna (SSSA)
日時 2009年11月9日
会場 早稲田大学
早稲田キャンパス 大隈小講堂(大隈講堂地下1階)
対象 学内/学外
事前登録 無し
参加費 無料
Program Download Italy-Japan_WS-Robot_Program.pdf
9:00-9:10 ご挨拶
Alberto MENGONI (イタリア大使館)
9:10-9:45 藤江 正克 (早稲田大学)
Intelligent motion control based on physical modelling and traditional control method
9:45-10:20 Paolo DARIO (SSSA)
From minimal invasive to transluminal surgery: a transition supported by robotics technology
10:20-10:40 休憩
10:40-10:55 Paolo FIORINI (Università di Verona)
Alternate speaker: Paolo DARIO
EU projects in minimally invasive robotic surgery
10:55-11:10 Eugenio GUGLIELMELLI (Università Campus Bio Medico)
Pinch Locomotion for Robotic Capsules and Assistive
11:15-12:30 Student Presentations
12:30-14:00 休憩/ポスターセッション
14:00-14:15 ご挨拶
藤江 正克 (早稲田大学)
14:15-14:25 休憩
14:25-15:00 佐久間 一郎 (東京大学)
Integration of Surgical Robot and Biomedical Measurements for Computer Aided Surgery
15.00-15.15 休憩
15:15-15:50 光石 衛 (東京大学)
Computer-integrated surgical system
15:50-16:25 Arianna MENCIASSI (SSSA)
Robotic endoscopy: recent progresses and future directions
16:25-17:00 千葉 敏雄 (国立成育医療センター)
Medical robotics for fetal intervention
17:00-18:00 パネルディスカッション/総括
Chair: Paolo Dario, 藤江 正克

報告

イタリアおよび日本の手術支援ロボットに関する報告会を行った.テーマとなった手術支援ロボットは,心臓外科領域を対象としたもの,カプセル型ロボット,脳外科領域のレーザー治療を対象としたもの,整形外科領域を対象としたもの,胎児外科領域を対象としたものなど,多岐にわたった.また,EUで進行中のプロジェクトに関する報告もなされた.パネルディスカッションにおいては,次世代医療機器を実用化する際の規制に関する議論が行われた.日本,EU,アメリカの規制の現状の違いや現状を打破するための方法などに関して,参加者も含めて活発な意見交換がなされた. 参加者としては,日本の学生,イタリアの学生のみならず,オランダTwente大学の学生も多数参加した.これは本GRAの活動であるオランダのTechnical university訪問が経緯となり実現したもので,今後の共同研究などに非常に有意義であったと考えられる.

<参加者数>
イタリアSSSAより約30名、早稲田大学より約60名、 オランダTwente大学より31名、その他学外者16名
計約137名

1109-1.jpg 1109-2.jpg re_MG_5426.jpg
[共催] Italy-Japan Workshops on Robotics
- Program of the WS on Service Robotics -
2009年11月 8日(日)More
主催 イタリア大使館 "日本におけるイタリア2009・秋"
  http://www.italia-in.jp/event/science.html
共催 Scuola Superiore Sant'Anna (SSSA)
日時 2009年11月8日
会場 早稲田大学
西早稲田キャンパス 63号館2階04-05会議室
対象 学内/学外
事前登録 無し
参加費 無料
Program Download Italy-Japan_WS-Robot_Program.pdf
9:00-9:10 ご挨拶
Alberto MENGONI(イタリア大使館)
9:10-9:45 橋本 周司 (早稲田大学)
What can Robot Technology do for us and for our society ?
9:45-10:20 Cecilia Laschi (SSSA)
Service Robotics in Urban Environments: the experience of the European DustBot Project
10:20-10:40 休憩
10:40-11:15 高本 陽一 (株式会社テムザック)
Business Plan of tmsuk
11:15-12:30 Student Presentations
12:30-13:20 休憩/ポスターセッション
13:20-14:10 Service Robot demos: DustBot & RODEM
ポスターセッション
14:10-14:20 休憩
14:20-14:50 ご挨拶
白井 克彦 (早稲田大学総長)
Alfredo Maria DURANTE MANGONI(イタリア大使館)
14:50-15:00 Presentation of the students to Prof. Shirai
15:00-15:35 Eugenio Guglielmelli (Universita Campus Bio-Medico)
Structural embodied intelligence for safe physical interaction in rehabilitation and assistive robotics
15:35-16:10 松井 龍哉 (フラワー・ロボティクス 株式会社)
The Role of design for new robot industry development
16:10-16:30 休憩
16:30-17:05 Barbara Mazzolai (SSSA)
Service Robotics and Biorobotics for the Quality of the Environment
17:05-17:40 五内川 拡史 (Unify Research Inc.)
Perspective of the service robot industry
17:40-18:40 パネルディスカッション/総括
Chair: Paolo Dario (SSSA), 高西 淳夫

Report

The Italy-Japan Workshop on Service Robotics was organized in the framework of the "Italy in Japan 2009" initiative "The art of living and creating", and as a joint activity of the "Summer School in Autumn WSK-TNg 2009" coordinated by: Waseda University, Japan; Scuola Superiore Sant'Anna (SSSA), Italy; The Korea Institute of Science and Technology (KIST), Korea; The University of Tsukuba, Japan; Nagoya University, Japan. This workshop followed the long tradition of joint events between Italy and Japan, beginning with the Year of Italy in 2001 with the workshop on "HUMANOIDS - A Techno-Ontological Approach" up to the more recent Italian Spring in 2007 with the symposium on "Robots are already among us!".
This year Workshop was chaired by Prof. Cecilia Laschi of SSSA and by Prof. Atsuo Takanishi of Waseda. Several leading researchers from Italy and Japan both in academia and industry kindly accepted to present their point of view on service robotics and its role in current and future society, aiming at creating new collaborative activities in research, industry and services, as well as to motivate young students based on better understanding of state-of-the-art technologies of Italy/EU and Japan.
The Panel discussions addressed the "practical issues and problems for the introduction of service robots in everyday life", aiming to propose research topics scientifically interesting and truly feasible, and concrete actions for Italy-Japan collaboration in education, research and industrial development.

1108-4.jpg 1108-5.jpg 1108-7.jpg
[主催] WSK-TNg2009 Summer School in Autumn
"From Communication to Collaboration"
2009年11月 2日(月)More
re_MG_3528.jpg
共催 Scuola Superiore Sant'Anna (SSSA)
日時 2009年11月2日~7日
会場 早稲田大学 西早稲田キャンパス
参加者数 119名 (学生88名、ポスドク31名)
うち外国籍者71名
URL http://www.rt-gcoe.waseda.ac.jp/WSK-TNg2009/
招待講演者
11月3日
山海 嘉之 (筑波大学教授)
福田 敏男 (名古屋大学教授)
水野 修 (パナソニック株式会社 主任技師)
五内川 拡史
 (株式会社ユニファイ・リサーチ 代表取締役社長)

11月4日
吉村 允孝 (早稲田大学理工学術院 客員上級研究員)
水川 真 (芝浦工業大学大学院 教授)
彼末 一之 (早稲田大学スポーツ科学学術院 教授)
Mun-Taek Choi (Senior Research Engineer, KIST)

11月5日
Junho Choi (Senior Research Scientist, KIST)
Peter Mertens
 (シーメンス株式会社 技術本部・日本事務所 部長)
Paolo Dario (SSSA教授)
Sung-Kee Park (KIST)

プログラム
報告
当拠点における欧州・アジアの戦略的協定機関であるイタリア聖アンナ大学院大学(SSSA)・韓国科学技術研究所(KIST)・筑波大学・名古屋大学と合同でサマースクールを早稲田大学にて開催した.
サマースクールでは"From Communication to Collaboration"をテーマとし,参加者らによるポスターセッション,グループワークディスカッションを行なった.また,各国5大学・2企業から招聘した計12名の先生方から講演をいただいた.これらのアクティビティを通じ,参加者らは産学連携,国際連携,異分野連携について,互いに活発なディスカッションおよび技術交流を行なった.本イベントは当拠点の博士後期課程学生が中心となって本サマースクールの準備・運営を行ない,学生の主体性や実行力を育むことに貢献した.

wsk-tng2009-2.jpg wsk-tng2009-4.jpg wsk-tng2009-6.jpg wsk-tng2009-8.jpg
[主催] RTフロンティア体験ツアーinオープンキャンパス
2009年8月 1日(土)More
日時 2009年8月1日(土)~3日(月)
場所 RTフロンティア101

報告

今年5月に新たにオープンした人とRT(Robot Technology)の共生教育研究拠点「RT-フロンティア」にて、GCOEプログラムの掲げる「体系的ロボット学:M-Robotics(Methodical Robotics)」の研究成果の一部をオープンキャンパスにて一般の来場者(高校生やその父兄)に実際に体験してもらうことで紹介した.

 公開した内容は以下である.
・気管挿管訓練ロボットWKA-1R
・冠動脈手術訓練装置BEAT
・歩行訓練機
・三次元動作解析装置VICON
・情動表出ロボットWaseda Eye-No.4 Refined Ⅱ
・ロボットアームを搭載した車椅子システム

 ポスターやプレゼンテーションで研究内容を説明するだけでなく,その装置やロボットに実際に触ってもらい,さらに訓練を体験してもらうことで来場者の理解を深めることができた.実際に体験してもらうことで来場者からの質問も増え,説明担当者と来場者とのコミュニケーションやディスカッションも活発に行われた.
open_campus1.jpg open_campus2.jpg open_campus3.jpg
opencampus_RTfrontier_1.jpg opencampus_RTfrontier_2.jpg
掲載 Robot Watch
http://robot.watch.impress.co.jp/docs/news/20090803_306861.html
[主催] 「RTフロンティア」オープニングセレモニー
2009年5月21日(木)More
日時 2009年5月21日 13:00-15:00
会場 RTフロンティア(新宿ラムダックスビル)101号室 明治通り側入口
対象 学内外関係各位
参加者数 45名

報告

活動拠点の命名式とオープニングセレモニーを行った.
本活動拠点は,人間と生活に密着した人間支援ロボット研究所とし,活動拠点名は関係者から募集投票後『RTフロンティア』と決定した.

◆オープニングセレモニー(命名式,テープカット)

テープカット
©2009 Impress Watch Corporation
左より橋本 周司、藤江 正克(拠点リーダー)、高西 淳夫、
山川 宏
(共に早稲田大学理工学術院教授)

◆RTフロンティア内の各プロジェクト紹介,デモ

101号室
RTopening-101-1.jpg
DSC_3046.jpg
(1) COSMAR,(2) Tread Walk,(3) 動作解析室, (4) つえナビ

901号室
RTopening-901-1.jpg
(1) GPS・RFID,(2) CIROS,(3) ソフト・ロボティクス

1202号室
RTopening-1202-1.jpg
RTopening-1202-2.jpg
(1) Shadow System, (2) 人間-機械インタラクションロボット, (3) ケミカルロボット, (4) KOBIAN
掲載 Robot Watch
http://robot.watch.impress.co.jp/docs/news/20090521_169820.html

早稲田大学ニュースリリース
http://www.waseda.jp/jp/news09/090522_p.html

NIKKEI.NET、NIKKEI.com(英文)

2009年5月22日付 日本経済新聞、日経産業新聞、日刊工業新聞
2009年5月26日付 日経産業新聞
2009年5月29日付 科学新聞
[主催] 第3回GCOE-GRAワークショップ
2009年5月18日(月)More
日時 2009年5月18日 13:00-17:00
会場 TWIns2階 第2会議室
対象 教員・学部生・大学院生
参加者数 59名(うち外国籍者17名)
講師 ・Mark CUTKOSKY (Professor of Stanford University, USA)
・Jun Ho OH (Professor of Korea Advanced Institute of Science and Technology)
・Ronald C ARKIN (Associate Dean for Research, Georgia Institute of Technology,   USA)
・Giulio SANDINI (Professor of Italian Institute of Technology)

タイトル

Sensory Fusion in Robotics
How to integrate different sensors and different modalities to build better robots for everyday life

In recent years there is a growing expectation that robotic technology will be more and more important in our life, getting out of the factories (industrial robots) and helping people in a variety of different everyday scenarios (personal robots). The performance of the state of the art robots, however, are far from successfully achieving such ambitious goals, and a lot of work still needs to be done by us researchers. During this workshop on Sensory Fusion we discussed the main challenges these robots face, and how to cope with them. The invited speakers Europe, America, and Asia presented their points of view on the current status and future challenges of robotics, and how the the integration of different modalities such sensors, mechanical design, low- and high- level control, interface design, perception, and so on, could help us to build better robots.

プログラム

13:00 - 13:05 Introduction
Session I
13:05 - 13:45
題目
Adapting principles from biology for integrating structures and mechanisms with sensing and control
講師
Mark CUTKOSKY
内容
Dr. Cutkosky showed how to obtain a good trade-off between sensor-based control and mechanical preflexes in which the initial response of the system to perturbations is accomplished by appropriately tuning the passive mechanical properties of the system.
13:45 - 14:25
題目
Robot Technology and Challenge
講師
Jun Ho Oh
内容
Dr. Oh deeply analyzed which are the main challenges of robotics in all its different aspects, showing some possible solutions.
14:25 - 14:45
講師
橋本 周司(早稲田大学理工学術院教授)
14:45 - 15:00 Coffee break
Session II
15:00 - 15:40
題目
Integrative Architectures: tying it all together
講師
Ronald C ARKIN
内容
Dr. Arkin discussed software architectural integration issues in complex robotic systems, when multiple, heterogeneous robots have to work together as a team, with examples in multi-robot systems and humanoids.
15:40 - 16:20
題目
How to advance humanoid research?
講師
Giulio SANDINI
内容
Dr. SANDINI analyzed how the human brain interprets and understand every action by fusing different modalities and representations, and how to implement similar mechanisms in robotics.

技術指導

講演会・パネルディスカッション終了後、TWIns・喜久井町キャンパスにて四氏による技術指導が行なわれた。

・ Dr. Cutkosky
Discussion on the possible control simplification and performance increments that can be achieved by integrating different structures and mechanisms with sensing and control, in a way similar to what nature has done in living organisms (particular interest for the Biped Group, specifically for the realization of new artificial hands and feet; general interest for all the biomedical engineering related projects)

・ Dr. Oh
Detailed discussion about the main limitations of current technology and on the main directions that should be explored for realizing better performing humanoid robots (particular interest for the Biped group, but more in general for all the biomedical engineering related projects)

・ Dr. Arkin
Detailed discussion on how several robots of very different characteristics and capabilities can be used together for the same goal, and how these data must be taken into account at the very early design stage (particularly useful for Wabot-House project, or for the robotized operating theater)

・ Dr. Sandini
Discussion about the principles that the human brain uses to represent the space that surrounds us, and about what kind of motor and sensory components are needed for realizing the same or at least similar architecture in humanoid robotics (Biped Group, Flautist group,and in general all the projects related to Human-Robot interaction).

[主催] 第3回先進技術セミナー
2009年4月17日(金)More
日時 2009年4月17日 13:30-15:00
会場 早稲田大学50号館(TWIns) 3階ホワイエ
対象 教員・学部生・大学院生
参加者数 30名(うち外国籍者5名)
講師 Giuseppe Carbone(University of Cassino, Assistant Professor)
講演タイトル Multi-objective optimal design of robots, Design and operation of parallel manipulators: experiences at LARM
報告 Carbone准教授が所属するLARM(Laboratory of Robotics and Mechatronics)でのロボット研究の取り組みに対しご講演頂いた.特に,パラレル・マニピュレータの設計論とロボットの最適化設計についてご講演頂いた.

090417Dr.Carbone.jpg
[主催] 第2回GCOE-GRAワークショップ
2009年2月24日(火)More
日時 2009年2月24日 14:30-15:30
会場 早稲田大学西早稲田キャンパス 62号館1階中会議室
対象 教員・学部生・大学院生
参加者数 30名
講師 Dr. Hazim K. Ekenel (member of inter ACT at the Universität Karlsruhe, Germany)
報告 Ekenel氏は大きく分けて二つの事柄についてレクチャーを行なった。
第一に、2008年度、本学がカールスルーエ大学を含む3大学と協定を結んだInterACTについて説明をいただいた。その上で、この協定がロボット工学及びコンピューターサイエンス分野における研究及び学生の国際的交流を目的としていることを各自よく理解することができた。
第二に、氏の専門分野である、人間の顔の認識を中心としたコンピューター視覚と画像処理について御講演いただいた。

IMG_0314.JPG

Page Top