セミナー & ワークショップ

ホーム

HOME > セミナー & ワークショップ

受賞・プレスリリース

[主催] 第2回先進技術セミナー
2008年12月 3日(水)More
日時 2008年12月3日15:00-17:30
会場 早稲田大学 55号館S棟2階 第3会議室
対象 教員・学部生・大学院生
参加者数 36名(うち外国籍者8名)
タイトル Lessons learned and research directions on surgical robots
講師 Paolo Dario (Professor, Scuola Superiore Sant'Anna: SSSA, Italy)
内容 1980年代から外科手術に導入されてきたロボット技術の歴史とその成果についてご紹介頂き,それらを踏まえた上で,今後の外科手術ロボットに対する新たな提案や展望についてご講演頂いた.
[主催] 第1回GCOE-GRAワークショップ
2008年11月19日(水)More
日時 2008年11月19日(水)13:00~14:30
会場 早稲田大学 50号館(TWIns) 2階共有会議室
参加者数 22名 (うち外国籍者5名)

タイトル

Design and Operation of Multibody Robotic Systems with Low-cost and Easy-operation Features: Experiences at LARM

講演者

Giuseppe Carbone (University of Cassino, associate professor)

内容
Carbone准教授が所属するLARM(Laboratory of Robotics and Mechatronics)でのロボット研究の取り組みに対しご講演頂いた. DSC09705.JPG
共同実験
Carbone氏には講演会の他、11月16日~21日に渡り本学高西研究室にて共同実験に加わっていただきました。
---------------------------
Carbone博士はこれまでに多関節ロボットの剛性評価装置を開発されている.今回,その装置を用いて,高西研究室で開発した人間搭乗型2足歩行ロボットの脚機構の剛性について共同で評価実験を行った.その結果から今後,歩行中の脚のたわみを補償可能な歩行安定化制御の開発が期待される.
[共催] Waseda-SSSA-KIST Summer School 2008 (WSK 2008)
"Fundamentals of Biorobotics"
2008年9月 1日(月)More
日時 2008年9月1日~6日
会場 Centro Studi "Santa Maria Maddalena" Volterra, Italy
参加者数
85名
  •  (招待講演者20名・学生65名)
  •  (外国籍者54名)
  • URL http://www.robocasa.net/workshop/2008/index.php?lang=en&page=home
    DSC_8762 WSK2008.jpg

    内容・報告

    内容
    早稲田大学, イタリアScuola Superiore Sant'Anna,韓国KISTを中心とした合同サマースクール.各国7大学・1企業から計20名の講演者を招聘し,レクチャーを行った.また,参加者らによるポスター発表,ワークグループディスカッションを行った.

    プログラム
    報告
    本GCOEにおける欧州・アジアの戦略的協定機関であるイタリアSSSA・韓国CIRと合同でサマースクールを開催した.
    サマースクールでは"Fundamentals of Biorobotics "をテーマとし,各国7大学・1企業から招聘した計20名による講演を行った.また,参加者らによるポスター発表,ワークグループディスカッションを行った.これらのアクティビティを通じ,参加者らは社会基盤となるべきRT(Robot Technology)について,互いに活発なディスカッションおよび技術交換を行った.

    本サマースクールは,本GCOEにおいて次のように寄与した;
    (1)拠点形成: 本GCOEが「世界の研究者・技術者が集う世界的RT研究拠点」となるべく,RT分野における国際的共同研究および人材交流(若手派遣・人材募集・招聘)の連携を,欧州・アジアの有力研究者らとはかった. 
    (2)教育: 欧州・アジアにおける一線の指導的研究者および若手研究者と交流することにより,本GCOEにおける「『突破力』のある若手研究者の育成」に寄与した.また,若手研究者らが将来に海外研究拠点・海外企業へ就職することへの波及効果が見込まれる.  
    (3) 研究: RTの基盤についてディスカッションおよび技術交換を通じて,RTの明示的体系化を試み,本GCOEが実施する「『M-Robotics』の構築」へ寄与した.


    presentations1.jpg presentations2.jpg discussions.jpg group1.jpg group2.jpg
    [主催] 第1回スキルアップセミナー
    2008年7月23日(水)More
    日時 2008年7月23日15:00~16:30
    会場 早稲田大学 喜久井町キャンパス 赤レンガ2階 ミーティングルーム
    対象 GCOE関係者限定
    参加者数 22名

    タイトル

    加工現場の生の声
    -加工業者(特に切削加工)に発注する際の基本事項,注意点-

    講師

    小野 芙未彦 (株式会社 小野電機製作所 代表取締役)
    http://www.ono-denki.com/

    講演内容・報告

    内容
    実際の加工の現場から,ロボット設計上の基本事項,注意点について講演がなされた.特に,読図しやすい図面の書き方や規格品材料の上手な利用法,表面処理の上手な利用法について解説が行われた.
    報告
    ものを設計し発注する際,図面を書かなければならないが,図面の書き方一つでコストダウンや納期短縮,品質向上につながる場合がある.今回のセミナーは,実際にものを設計し発注するGCOEに参画している学生にとって,非常に有益なものである.

    Page Top