研究実績・成果のご案内

ホーム

HOME > 受賞・プレスリリース

受賞・プレスリリース

2012年11月16日(金) Yohan Noh and Sangha Song (Research Associate of GRA) won the Best Presentation Award in the International Symposium on Micro-Nano Systems for the Interaction of Young Researchers (8th November @ Nagoya University).

- Yohan Noh, "Commercialization on Robotic Airway Management Simulator which can provide Clinical Skills Assessment and Simulate Various Difficult Airway Situations"
- Sangha Song, "Monte-carlo Simulation of Photon Propagation Considering Characteristics of a Near- Infrared LED"

Yohanさん写真.jpg
2012年9月 6日(木) 中国広東省東莞市幹部職員研修団の訪問を受けました。
日時:2012年9月6日
Sep.6th, 2012, a tour visited the Waseda humanoid institute which was from Guangdong province, China.
As we known, the Guangdong province is in the front position of reform and opening policy of China. Now, it is in the industrial restructuring stage for high-technology industry. The tourists were from different government departments, and, they were eager to introduce, absorb and innovate high-technology for developing local economics. They also want to put much energy on cooperative research.
In this tour, we demonstrated the Single Port Surgical robot, Rehabilitation robot, Airway-conduct robot, Humanoid robot and Medical emergency robot, etc. The tourist had deep impression about the Waseda Robotic Research achievements. And they are willing to seek the possibility of cooperation in future.
From this tour, we can demonstrate our research achievements to common tourist, especially, for foreign visitors. It is not only demonstrated our robots, but also the chance to spread the Waseda Robotic technology to the world by cooperation.

120906来訪受入報告書.jpg
2012年8月20日(月) 高西 淳夫研究室と株式会社京都科学による共同研究の研究成果が早稲田大学のページにて紹介されました。
「医療手技の評価・確認と様々な症例の再現が可能~高西研など、ロボティック気道管理シミュレータを実用化~」
http://www.waseda.jp/jp/news12/120727_airway.html
2012年7月 4日(水) Noh Yohan (Research Associate of GRA) won the Best Conference Paper Award at International Conference on Complex Medical Engineering (CME 2012).
---------------------
Yohan Noh, Chunbao Wang, Mitsuhiro Tokumoto, Hiroyuki Ishii, and Atsuo Takanishi, Kazuyuki Hatake, Satoru Shoji, "Development of Airway Management Training System WKA-4: Provide Useful Feedback of Trainee Performance to Trainee during Airway Management"
2011年12月25日(日) 研究助手の盧 耀翰(ノ ヨハン)が第12回計測自動制御学会システムインテグレーション部分講演会にて優秀講演賞を受賞しました。
著者:ノヨハン,徳本光宏,奥山勲,海老原一樹,王春宝,石井裕之,高西淳夫,庄司聡,中江悠介,松岡紀之,畠和幸
タイトル:気道管理における肺への空気注入が検知可能なフローセンサの開発とそのセンサを用いた手技評価方法の提案
2011年7月22日(金) 渡邉峰生研究助手、小林洋講師らによって開発された「歩行リハビリロボ」が日刊工業新聞にて紹介されました。

日刊工業新聞ニュース(asahi.com内) http://www.asahi.com/digital/nikkanko/NKK201107180006.html
2010年12月25日(土) 研究助手の盧 耀翰(ノ ヨハン)が第11回計測自動制御学会システムインテグレーション部分講演会にて優秀講演賞を受賞しました。
著者:ノヨハン, 海老原一樹,瀬川正尚,佐藤圭,石井裕之,高西淳夫,庄司聡,畠和幸
タイトル:気道管理教育訓練システムWKA-4の開発
2010年12月 9日(木) Kitti Suwanratchatamanee (Research Associate of GRA) won the Best Paper at URAI2010.
---------------------
Kitti Suwanratchatamanee, Mitsuharu Matsumoto and Shuji Hashimoto,"Human-Robot Interaction: Balance Control of Humanoid Robot with Tactile Sensing System in External Forces", The 7th International Conference on Ubiquitous Robots and Ambient Intelligence (URAI-2010), pp.7-11, BEXCO, Busan, Korea, November 24-27, 2010
http://www.kros.org/urai2010/eng_07news01.php?id=19
2010年11月 5日(金) Kitti Suwanratchatamanee (Research Associate of GRA) won the Outstanding Paper Award at ICCAS-2010.
---------------------
Kitti Suwanratchatamanee, Mitsuharu Matsumoto and Shuji Hashimoto, "Walking on the Slopes with Tactile Sensing System for Humanoid Robot", The 8th International Conference on Control, Automation and Systems (ICCAS-2010), pp.350-355, KINTEX, Gyeonggi-do, Korea, October 27-30, 2010
http://2010.iccas.org/news/news_list.asp
2010年10月22日(金) 藤江 正克教授、安藤健研究助手らによって開発された杖型装置「フォースブリンカー2」が下記サイトにて紹介されました。

日刊工業新聞business line http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0720101021eaaf.html

robonable ロボナブル
http://robonable.typepad.jp/news/2010/10/21waseda.html
2010年6月18日(金) 研究助手の安藤健が日本機械学会部門表彰「ROBOMEC表彰」を受賞しました。
著者:安藤健,小林洋,岡本淳,高橋満,藤江正克
タイトル:筋電制御によるゴム人工筋を用いたがん骨転移患者の寝返り支援コルセットの開発
2010年3月 2日(火) 研究助手の盧 耀翰(ノ ヨハン)が第18回日本コンピュータ外科学会にて講演論文賞を受賞しました。
著者:佐藤圭,海老原一樹,瀬川正尚,ノヨハン,石井裕之,高西淳夫,庄司聡,畠和幸
タイトル:時間経過による患者の状態変化が再現できる気管挿管訓練用頭部モデルWKA-3の開発
2009年8月27日(木) グローバルロボットアカデミアは「ベーダ国際ロボット開発センター」(理事長:橋爪誠・九州大学教授、理事:高西淳夫・早稲田大学理工学術院教授、福岡県宗像市)と研究開発に関する協定を結びました。
また8月26日には「画期的な福祉用移動ロボット"RODEM"」 のプレス発表会がTWInsにて行なわれました。

早稲田大学プレスリリース
「理工学術院・高西教授ら、新型車椅子ロボットを開発
―介助なしでも楽に乗車し移動が可能に」
http://www.waseda.jp/jp/news09/090827_2_p.html

ベーダ国際ロボット開発センター
http://www.veda-robot.com/

"VEDA International Robot R&D Center Incorporated Association" (Munakata city, Fukuoka prefecture) and Global Robot Academia made an agreement on mutual collaboration of research and experience.
On 26th August, VEDA presented universal vehicle named "RODEM" at TWIns.

VEDA
http://www.veda-robot.com/

Google-AFP news
http://www.google.com/hostednews/afp/article/ALeqM5hjKiOHdxrUv4XG6s0wmzBIPUM_hQ

111-1.JPG
2009年7月31日(金) 日刊工業新聞Business Lineにて、高西研究室の研究成果が紹介されています。
http://keywalker.nikkan.co.jp/search/do?q=高西淳夫
2009年7月27日(月) 高西研究室が株式会社京都科学との共同研究により開発した「縫合手技評価シミュレータ」が製品化されました。
早稲田大学プレスリリース
http://www.waseda.jp/jp/news09/090725_p.html
2009年6月10日(水) 高西教授の研究がITmediaにて紹介されました。
「人の心を微分方程式で書けないか 高西教授の『情動方程式』モデル」 http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0906/08/news052.html

Page Top